心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

早朝からゆっくりボイスの資源回収車を目撃した

ゆっくりがいっぱい!

 先週、息子氏の出校日がありまして。その日は私が休みで、奇しくもウチが旗当番で、嫁さんは仕事だったので、私が旗当番をやることになりました。私の旗当番はこれで3度目くらい。

 現場の交差点に着くと、すでに日は高く、キツイ日差しが容赦なく照り付けてきます。まだ7時半だというのに、日向に立っていると肌がジリジリ焼かれます。

 道を隔てた反対側の角に、同じく旗当番のお母さんが来たので、離れた所からですが、軽く会釈して目線で挨拶。目線が合ったかどうかもわからないけれど、わざわざ横断歩道を渡って行くのもどうかと思って、それで済ませました。

 遠くに小学生の群れが見え始めた頃、どこからか資源回収車のアナウンスが聞こえてきました。

 「ご町内の皆さま、今日は、資源の回収日です」

 ああ、資源回収車のアナウンスなんて久しく聞いてなかったなぁ。実家にいる頃はよく走ってたけど、今の地域に住み始めてから、あのセリフを聞くのは何年振りだろう。録音されたお姉さんの声でしゃべっ……いや違う!?

 あれは、あの声は……

 「ゆっくりボイス」じゃねぇか!

 説明しよう、「ゆっくりボイス」とは、パソコンのソフトで作ることのできる人工の音声で、平坦な棒読みが特徴の機械的な声のことである!

 この「ゆっくりボイス」は、Softalkというフリーソフトで作ることができ、ネットの動画ではナレーションによく使われています。息子氏がよく見ている動画でも、しょっちゅうこの声でナレーションを入れている動画を見かけるので、耳馴染みのある音声なのです。

 まさか資源回収車のアナウンスに「ゆっくりボイス」が採用されているとは知りませんでした。思わずその資源回収車をずっと目で追ってしまいました。

 しかし、アナウンスの内容なんて変わらないのに、なぜわざわざ「ゆっくりボイス」などにしたんでしょうね。ちゃんと人間のお姉さんの声でいいじゃないですか。別に減るもんじゃなし。いやテープは擦り減るか。今どきテープ?

 いずれにしろ、朝っぱらから、あの力の抜けた平坦な棒読み声を聞かされるとは、思ってもみませんでした。

 検索してみると、関東のほうでは2012年にはすでに「ゆっくりボイスの資源回収車」が走っていたようで、YouTubeにも動画がアップされていますが、これは軽トラで町内をゆっくり回る、まさに「ゆっくり」な資源回収車です。

 今回私が見たのは、8トンくらいのオープンな荷台のトラックでした。それに、あのアナウンスは市から委託されている業者だと思います。資源回収業界では、アナウンスにゆっくりボイスを採用する動きが盛んなのでしょうか。だとしたら、きっとお姉さんの生声を録音すると高くつくから、コスト削減のために合成音声に切り替えているのではないか、と推測しています。

 どこもかしこもコスト削減、か……。貧乏な世の中になりましたなぁ。

Paw Patrol Paw Patrol ロッキー オールスターズ 資源回収 トラック
 
廃棄物の資源回収―保管・収集・運搬 (空気調和・衛生工学会新書)

廃棄物の資源回収―保管・収集・運搬 (空気調和・衛生工学会新書)

 

 

この壁は越えるためにあるんだという気がした

壁 (新潮文庫)

 最近、またまたお金の不安が頭をもたげてきています。

 今月はなんとか乗り切る算段がついたものの、本当の問題は来月。というか、今月すでに支払いを遅らせなければならないものがあり、それを来月に持ち越してなんとかなるのか、というところが焦点。

 まぁ細かい事情はどうでもいいんですが、とにかくここ数日、ずっとその問題でモヤモヤしています。

 今日は休みで、昼間の空いた時間に、本屋で立ち読みをしたり、ブラブラしていました。ブラブラしながらも、私が観ているのは本よりも自分の精神状態。

 お金の事情は心の事情。私が長いこと抱えているお金の問題は、つまるところ、心の問題に帰結します。お金を作ろうと思えばいつでも作ることができるはずなのに、それを実行しないのは、行動を起こす前に心がブレーキを掛けているからです。

 ブレーキを掛けているものは一体何なのか。このやる気のなさ、行動力のなさは、一体何が原因なのか。何かが行動を妨げているのは間違いありません。何らかの心理的障壁。行動する前からあきらめてしまう心。

 何かが間違っている。いや私自身が、何かを間違えている。認識の仕方、それっぽく言えば「認知の歪み」ということになるのでしょうか。学術的な話は知りませんが、だいたいそんな感じのもの。私は、私が置かれているこの状況を、間違って捉えている。私は間違いなく何かを間違っているのは間違いない。そんな感覚が強く起こりました。

 そして夜。ひとりで風呂に入っている時、心のモヤモヤを何気なく観察していたら、ふと思い浮かんだことがありました。

 モヤモヤしている時点で、すでに認知の歪みは進んでいる。本当の原因は、もっと深いところ、モヤモヤを感じるより前の段階にあるはずだ。私の中には、まだまだ見えていない心の動きがある。まだまだ気づくのが遅いんだ。気づいた時にはもう壁が出来上がってしまっているのだ。その壁に阻まれて、行動を起こすことができないのだ。

 しかしこの壁は、おそらく私がこれより先へ進むために必要なものなのだ。この壁は、越えるために、あるいは打ち破るためにある。

 何の根拠も脈絡もありませんが、そんな考えが頭に浮かびました。

 へこたれずに生きていこうと思います。

逆境を越える「こころの技法」 (PHP文庫)

逆境を越える「こころの技法」 (PHP文庫)

 
自分を超える法

自分を超える法

 
壁を越える技術

壁を越える技術

 

 

近所にカミナリが落ちて息子氏はタイヘン

ELPA エルパ 耐雷サージ機能付トリプルタップ 3個口 A-300SB(W)

 昨日届いたゲーム録画機を、Switchとテレビに繋いで、早速ゲームを録画しようとプレイし始めたところで、にわかに大雨が降りだしました。

 「急に天気が悪くなってきたねー」

 などと、のんきにゲームを続けていたら、家の割と近そうなところにカミナリが落ちました。

 「パシッ、バリバリ……ズガーン!」

 その拍子に、テレビが消えました。電源ランプは点いたまま。そしてかすかに焦げ臭いニオイが……

 マズい!電磁波か何かで、どこかが何かしらやられたかもしれない!よくわからんけど!

 慌ててPCの電源を切り、テレビその他の電源も落として、電源プラグを抜きました。これでひとまず安心か……

 ふと横を見ると、息子氏が耳を塞いで縮こまっています。完全に真顔。ただでさえ大きな音が苦手な息子氏に、今の落雷の轟音は堪えたでしょう。

 しっかり抱きしめ、ポンポンと背中を叩いて慰めました。しばらく落ち着かない様子だったので、膝の上に乗せて一緒にテレビを観ました。こんな風に息子氏を膝の上に乗せるのは、何年振りでしょうか。すっかり重くなって、あまり長時間このままでいるのはしんどいな、と思わせる成長ぶり。

 とはいえ、雷でこれだけビビる程度にはまだ子供。それも、あと5年もすれば思春期を迎え、毛も生えてきて大人の階段を昇り始めるのでしょう。そんなことを考えながら、息子氏をなだめる時間が、とても貴重なものに感じました。

 雷が去って、電源プラグを差しなおして、機器のチェックをしましたが、幸いにも故障したものはありませんでした。だけど、あの焦げ臭さは一体何だったんだろう……

 

春日井市のトランポリンカフェ・T-timeへ行ってきました

twitter.com

 ついに、念願かなってようやく行くことができました。

 念願と言っても、今までいつでも行くことができたわけですが。いつでも行けるとなると、なかなか足が向かないのが人の世の常というもの。

 T-timeを知ったのは、もうかれこれ15年、いやもっと前になるでしょうか。まだ独身で、ヒマな休日には一人であちこちドライブして、公園巡りなどをしていた頃です。

 春日井市に、朝宮公園という公園があります。適当にドライブしていたら見つけた場所で、すぐに気に入って、頻繁に通うようになりました。

 その朝宮公園から落合公園まで、八田川沿いに遊歩道が整備されていて、そこを往復する散歩道が好きでした。朝宮公園の近くにはダイソーがあり、同じ建物内にソフトクリームやだんごなどを売る店、パン屋、洋服屋などがあり、おやつを買うにも便利です。

 朝宮公園と落合公園の、ちょうど中間あたりに、三ツ又公園という公園があります。そこから少し南へ下ったところに、T-timeがあります。ある時、その三ツ又公園を外れて、少し街中を歩いてみようと思った時、偶然発見したのでした。

 あれから、トランポリンを本格的に楽しめる施設がいくつかできましたが、T-timeは喫茶店と併設されていて、気軽に入れる雰囲気がありつつ、本格的なトランポリンが楽しめます。

 本格的な四角いトランポリンは初めてだったので、最初は様子を見ながら跳ねていました。思ったより高く跳ねるので、調子に乗って跳びすぎると、バランスを崩して怖いです。周りにクッションがあるため、よほど変な落ち方をしなければ問題ないと思いますが、着地に失敗すると変なところの筋を痛めます(笑)

 慣れてくると、1㎡くらいはジャンプできますが、普通に生活していて1㎡の高さまで跳ね上がることなどないので、滞空時間と、着地までの距離と時間が、未知の領域に突入します。そしてやたらテンション上がります。

 以前、テレビで、トランポリンの選手に取材している番組を見た時、背筋がものすごく発達しているという話をしていたので、背中が筋肉痛になるのかと思ったらそうでもありませんでした。ただ、跳ねるときに両腕を振って勢いをつけていたので、両肩の上腕三角筋が筋肉痛になりました。あと、なぜかわかりませんがヘソより下の腹筋も。

 あくまで素人向け施設ですから、バク宙など危険な技は禁止されていますが、素人はまっすぐ飛び跳ねてるだけでも十分楽しめます。それでも、空中でバランスをとるために体全体を使うので、おそらく体幹が鍛えられて体が引き締まるのではないかと思います。今、そういう感じの筋肉痛になっています。

 一緒に行った息子氏も、相当楽しんでいました。トランポリンのある建物はクーラーが効いていましたが、はしゃぎすぎて顔が真っ赤になるほど体温が上がっていました。そして私と同じように肩が筋肉痛になりました。

 料金は、トランポリン1面の基本利用料が150円(土・日・祝は300円)プラス、1人あたり30分で300円。そこから10分ごとに100円加算されていくシステムです。日曜日に行ったので、息子氏と2人で1時間使ったら1800円になりました。そこそこいい値段。でもそれに見合うだけ楽しめたと思います。30分だと物足りないけど、1時間だとちょっと疲れるかなという感じがしたので、30分以降10分刻みの料金設定は妥当じゃないでしょうか。

 というわけで、春日井近辺の方はご友人、ご家族で遊びに行ってみてはどうでしょうか。私はちょっとトランポリンにハマりそうなので、他の施設も試してみようと思っています。

 

ゲーム録画機を、Amazonでポチった。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

 悩みに悩んで、ポチッとな。(byボヤッキー

 スプラトゥーン2が好きすぎて、ほぼ毎日プレイしていると、たまに神がかって面白い試合があるので、これは誰かに見てもらいたい!そして自分用にも保存しておきたい!と思うようになりました。

 どうせならYouTubeでチャンネル作って、スプラ2動画をアップしていこうと思ったのですが、必要な機器を調べると結構高い。2万円くらいします。

 そして調べていくうちに、生実況に必要な機器だと2万円だけど、ゲームプレイ動画をただ録画するだけなら、1万円でいけるということがわかりました。

 それでも、貧乏な私にとって1万円はでかい。今月はただでさえお金を使い過ぎているというのに。だけど、今を逃したらこの先いつ買えるのかわかりません。いつ買うの?今でしょ!

 ということで、ゲーム機に繋いでSDカードやUSB-HDDに録画できる機器を注文しました。これでとりあえずスプラ2のプレイは全部録画します。そしていい試合を選んで編集して、ナレーション入れて、YouTubeにアップします。

 しかしもうひとつ悩みが。このブログを書いている「ごくま」名義でやるか、実況動画専用に、別の名前を作って配信するか。このブログも、微々たる量とはいえ、アクセスがあるので、動画の宣伝にはなるかもしれません。

 だけど、「ごくま」でプレイヤーを作ってスプラ2をやると、Switchの画面にその名前が出るじゃないですか。そしたら家族に見られるじゃないですか。家族に身バレするじゃないですか。このブログ、嫁さんに見られたら困ることもいろいろ書いてるじゃないですか。マズいじゃないですか。

 うん、やっぱり別名義でやったほうがいいな。そうしよう。「ごくま」とは別でこっそりやります。このブログで動画を宣伝したりもしません。何ならブログも別に作っちゃおうかな。それは必要ないか。手間だし。

 よーし、ゲーム動画配信で小遣い稼ぎだ!

ボヤッキー 新型メカの説明

ボヤッキー 新型メカの説明

 
スプラトゥーン2ペーストキャンディ 12入 食玩・キャンディー(スプラトゥーン)

スプラトゥーン2ペーストキャンディ 12入 食玩・キャンディー(スプラトゥーン)