心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

おかしなガムボールのとあるエピソードに出てきたキャラがEテレの某アニメに出てきそうな件

 最近、ひかりTVでカートゥーンネットワークを観ています。

 去年までディズニーチャンネル一択だった息子氏が、とうとう飽きたのかカートゥーンネットワーク(CN)に鞍替えしたので、自動的に私も横目でCNを観ることになりました。

 そこで毎日流れている「おかしなガムボール」という米英合作のナンセンスギャグアニメがあります。アニメ、クレイアニメ、実写、CGなど、様々な画像や映像を組み合わせて作られている、かなり変な作品で、日本のアニメでは見られないギャグセンスが新鮮に感じられます。

 主人公はガムボールという水色の猫で、父親はピンクのうさぎ、母親はガムボールと同じ水色の猫、妹は父親と同じピンクのうさぎで、同居している親友なのかペットなのか弟なのかよくわからない存在がダーウィンで、こいつは金魚が進化して手足が生えたものです。主要な登場人物を見ただけでも、おかしな作品です。

 ガムボールが通う学校の校長はメガネをかけた灰色のモリゾーで、担任の女性教師はチンパンジー、クラスメートにはサボテン、ハニワ、ふわふわしたやつ、雲、ゴースト、風船、実写の逆さくちびる?などがいます。

 そのとあるエピソードで、妹のアナイスの友達が登場します。アナイスはまだ4歳ですが天才で、友達がいません。そのアナイスにも友達ができますが、ガムボールたちが盗み見した日記によると、どうやらその友達が人付き合いの苦手なアナイスを利用して、面倒なことや色々を押し付けているのではないかと疑うガムボールたち。

 その友達がどんな奴なのか、学校へ見に行くガムボールたち。そこへアナイスと友達が登場します。なんか鳥っぽい形をしたオレンジ色の友達が登場しますが、私はその友達にどこか既視感を覚えました。

 そう、その友達の容姿が、現在もEテレで放送されている「はなかっぱ」に出てきそうなキャラ造形なのです。出てきそうというより、若干はなかっぱに似ていると言えなくもない。

f:id:go_kuma:20200328233811p:plain

おかしなガムボール/TM & © 2019 Cartoon Network. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.

右がアナイス、左がその友達

 もともと、ガムボールの家族以外は統一性のないキャラクターばかりが出てくる作品なので、それほど違和感はありません。ただ、息子氏が幼い頃、一緒にはなかっぱを見ていた私には、そのキャラだけ妙に親近感を覚えました。

 なぜうさぎと猫が夫婦なのか、そしてなぜその子供がうさぎと猫に分かれているのか、あのカラフルなふわふわした生き物は何か、あの実写の口は誰なのか、風船が何度割れても復活するのはどういうわけか、いろいろと謎が多すぎる作品ですが、そんなことが気にならない……と言ったらウソになるけど、そのくらい面白い作品です。

 近頃少し日本のアニメに飽きたところよ、Ah……というあなたにぜひおススメしたい作品です。

ス・マ・イ・ル / とまとっと...?とうがらし 〜やさいしりとり〜

ス・マ・イ・ル / とまとっと...?とうがらし 〜やさいしりとり〜

  • 発売日: 2015/07/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

今、話題沸騰中のトイレットペーパーをついに購入しました!

 よく買い物に行くスーパー(カネスエ)で、いつもは通り過ぎるだけの生活用品コーナーをふと見たら、普通にトイレットペーパーが置いてありました。

 先週、嫁さんが「どこにもない!」と騒いでいて、仕事帰りにドラッグストアに寄ったらやっぱり置いてなくて、すれ違った女子2人組が「なんだか楽しくなってきちゃったね」なんて言っているのが聞こえました。

 おそらくトイレットペーパーを探し続けてあちこち巡り歩いているうちにハイになってしまう「トイレットペーパーハイ」症状に違いない。

 そんな、どいつもこいつも欲しがってたトイレットペーパーが、何気に入ったスーパーに置いてあるなんて。どどど動揺を隠し、あまりトイレットペーパーをマジマジと見ないようにごく普通を装って、どのトイレットペーパーがいいか考えました。

 嫁さんがいつも買ってくるやつはドラッグストアの商品で、同じものはスーパーに置いてありません。置いてあるのは3種類で、どれもダブル。ごく普通のもの、香り付きのもの、柔らかいもの。

 どれにしようか悩みましたが、あまりトイレットペーパーの前で考え込んでいると、トイレットペーパーを買い慣れていないシロウトと勘違いされても嫌なので、一番値段の安い普通のトイレットペーパーにさっくり決めました。

 へー、置いてあるんだ。そっかー、最近品薄って聞いたけど、普通にあるんじゃん。まぁ別に困ってないけどね。デマなんか気にしてないし、家に在庫もあるから、そんな今すぐ必要ってわけでもないんだけど、一応念のために買っておこうかな。一応ね。いや全然焦ってないし、動揺もしてないけど、ちょっとくらい余分にあれば安心かなって。うん、全然平気。普通に買うだけだよ。

 っていう雰囲気を装って、どきどきしながらトイレットペーパーをカゴに入れました。

 あとはいつものように牛乳と納豆とバナナを入れてレジに行きました。レジのおば……お姉さんに「こいつもデマを真に受けて焦ってんのか」と思われてないか、少しだけ気にしながら会計を済ませました。

 家に帰り、嫁さんに向かってドヤ顔でトイレットペーパーを掲げました。

 喜ぶ嫁さん。誇らしい気持ち。

 トイレットペーパー買うだけでこんなに気分が盛り上がるとは思いませんでした。

スコッティ フラワーパック 3倍長持ち トイレット4ロール 75mダブル

スコッティ フラワーパック 3倍長持ち トイレット4ロール 75mダブル

  • 発売日: 2016/09/20
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

【映画鑑賞記】白夜のホラー『ミッドサマー』は思ったよりグロかった【ネタバレ注意】

Midsommar [Blu-ray]

 久々にホラー映画を観ました。

 一昨年公開された『ヘレディタリー 継承』というこれまためっちゃ怖そうな映画があったんですが、知った時には公開終了してて、ビデオ出たら観ようかなーと思いつつすっかり忘れていた今日この頃。

 その映画の監督がまたホラーを作ったということで、今度は見逃すまいと意気込んで劇場へ向かいました。

 平日昼間のわりに、スクリーンは半分くらい埋まっていたと思います。そっか、中高生も休校中だから、みんなヒマなのね。どうりで劇場が入ってるショッピングモールもやたら若い子たちで混んでると思った。

 主人公はアメリカの女子大生ダニーとその恋人クリスチャン。さらにその男友達ジョシュ、マーク、ペレの3人。冒頭、ダニーの両親が、妹と共に亡くなってしまいます。失意のどん底に沈むダニー。

 そこへ、スウェーデンからの留学生であるペレが、故郷で夏至に開かれる祝祭へ仲間たちを誘います。クリスチャンはダニーに黙ってスウェーデン行きを決めたことで、2人の中は少々険悪になりますが、なんやかんやで一緒に行くことに。

 5人はペレの故郷で昔ながらの生活を営む共同体(アーミッシュみたいな)の集落・ホルガに滞在し、夏至の祝祭に参加することになります。映画のタイトル『ミッドサマー』の「サマー」のスペルはSUMMERではなくSOMMERで、夏を表す古語なんだそうです。映画の最初にタイトルが出た時、あれ?と思いましたがそういうことらしいです。

 現地に着くと、いきなり草かキノコっぽいものを摂取してみんなでトリップ。ペレと同じく、ホルガ出身の若者が他国から連れてきたカップルも合流します。はじめのうちは、牧歌的な雰囲気を楽しむ一行ですが、やがて始まった祝祭の中のイベントがわりとえげつないもので、「ぐちゃっ」という感じのアレなんです。だから「ぐちゃっ」という感じのやつが苦手な人は見ない方がいいです。

 そのイベントにショックを受けたカップルはホルガを出ていこうとしますが、まぁわかりやすい感じにこっそり消されます。ダニーたちもショックを受けますが、なんやかんやで帰らせてはもらえません。

 そうして、マークは聖なる木に立ちションして消され、ジョシュは聖典を盗んだとして消され、残るはダニーとクリスチャンのみ。ペレはもともとホルガの出身で、最初からグルです。そもそもペレがみんなを誘ったのも、ダニーを女王として迎え、他の人間はみんな祝祭への生贄とする目的があったからでした。

 やがてクリスチャンは一服盛られ、閉じられた共同体に必要な「外からの血」を受け入れるために、ホルガの少女と性交させられます。そして結局最後には消されます。

 ダニーはというと、女王に選ばれて儀式から帰ったところにクリスチャンの性交シーンを見てしまい、パニックに。嘆きの末におかしくなっちゃって、クリスチャンやその他の人たちが神殿のような建物に閉じ込められてまるごと焼かれるのを見て、ニンマリするのでした、というラスト。

 この笑顔を見た時、あーこれはなんか明るいバージョンの「シャイニング」みたいな話だな、と思いました。最初は恐怖に襲われる側だった人間が、取り込まれて恐怖を与える側になる、みたいなね。

 ホルガの住人たちは、みんな他者との共感能力でもあるのか、痛みや苦しみ、悲しみ、あるいは快楽も一緒に感じている、というような演出がありました。精神が繋がっているような?

 前半、クリスチャンたちがホルガ行きを決めた時、ダニーは行かないはずだったのに、クリスチャンが(恋人である以上、建前として)誘ったことで、みんなの予想に反してついていくことになりました。他の友達は「マジかよ……」という感じでしたが、ペレだけは歓迎していました。

 ペレは最初からダニーも連れて行くつもりで、というよりダニーこそがメインの目的だったことが後からわかるんですけど、なんでペレの思惑通りにダニーがホルガに行くことを決めたのか、そこはちょっと謎でした。何か伏線があったけど、気づかなかっただけかも。

 シーンのところどころで、風景がかすんだり、歪んだり、微妙に蠢いていたり、という演出がCGで作られていて、謎のキノコや草やなんかが、精神に影響している様が、不気味に表現されていました。

 白夜の中で話が進んでいくので、何日経ったのかわからず、時間感覚がおかしくなります。あと、ホラーっていうと暗闇から何かが……っていうイメージありますが、この作品はほとんどずっと明るい白夜の中で、あんなことやこんなことが巻き起こるので、なんかすごいストレートに訴えてくる感じがします。

 外から見たら狂っているようなことでも、ホルガの住人にとっては正しいことなので、やることがあからさま。その白昼堂々……いや白夜だから昼ではない場面もあるけど、明るいところで陰惨な出来事が行われる、というのは、物語の舞台の明るさと、登場する人間の内面の暗闇とを対比させているのではないか、なんてことを思いました。

 同監督のデビュー作『ヘレディタリー』も、いずれ観てみたいと思います。

 以上。

ヘレディタリー 継承(字幕版)

ヘレディタリー 継承(字幕版)

  • 発売日: 2019/04/10
  • メディア: Prime Video
 

 

コロナショックで休校になって、突如現れたeラーニング環境

 我が家の息子氏が通う小学校も、月曜から春休みまで休校が決まりました。

 学校の先生方におかれましては、さぞや大変な思いをされていることと思います。

 さて、息子氏が学校から持ち帰った大量の荷物の中に、ネットで学習できる家庭学習サービスのIDとパスワードが印刷されたカードがありました。

 え、こんなサービスいつからあった?

 聞くところによると、全校生徒がこのカードをもらい、Webブラウジングできる環境があれば、家庭で学習できますよということらしいです。パソコンがない環境では、スマホで利用することもできるようです。

 便利な世の中になったなぁ。と思ったのもつかの間、アクセスが集中してほとんど利用できない状況が続きました。明日も緊急メンテナンスがあるというアナウンスがサイトに載っていました。

 この学習サービスが、いつ、どのような場合を想定して構築されたものかわかりませんが、おそらくは何らかの事情で学校に来られない生徒のために設けられたものではないかと勝手に推測します。だって息子氏の入学以来3年間、見たことも聞いたことがありませんでしたから。

 となると、今回の一斉休校でほとんどの児童がアクセスするような状況は想定していなかったでしょうし、そんな状況に対応する時間がなかったこともご承知の通り。

 このサービスがどの程度の範囲で提供されているのか、学校単位なのか、あるいは市内全校まるごと抱えているのか、もっと広範囲なのかはわかりませんが、ともかくサービスを提供している会社はてんやわんにゃでしょう。てんやわんや。

 てんやわんやといえば昭和に人気を博した漫才コンビですが、その名前が獅子文六の小説「てんやわんや」から来ていることを知る人は少ないのではないでしょうか。

 それはそうと、今回の一斉休校騒ぎがなければ知らなかったであろう家庭学習サービス。暇を持て余すのが目に見ている息子氏が、有効に活用してくれることを願うばかりです。

てんやわんや (ちくま文庫)

てんやわんや (ちくま文庫)

  • 作者:獅子 文六
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: 文庫
 

 

初耳言葉

 先日、かなり久しぶりにマクドナルドのハンバーガーを食べました。

 平日休みで、自分一人の昼食だったので、午前中の用事を済ませた帰りに、ドライブスルーへ寄りました。

 そこで、マイク越しに何かのセットを注文したときに、店員さんからあることを確認されました。

 「ストローお通しでよろしいですか?」

 はい?

 「ストローお通しでよろしいでしょうか」

 えっと……(意味わからんけど)はい。

 ストローお通しって何だ?居酒屋で最初に出てくるお通しは知ってるけど、ストロー?

 一体どういう意味なんだろう?ストローお通し。

 会計を済ませて、商品受け取り口へ。

 ビニール袋に入ったセットのドリンクを見てその謎は氷解しました。

 ドリンクのフタにストローを通してありました。

 まぁ、確かにこの状態は「ストローお通し」と言えるのか。

 だけど、以前はこんなこといちいち確認されなかったはずだよなぁ。それで、ストローを通した状態でドリンクを出されることもなかったと思う。ドライブスルーに限らず、店内でもそんなことなかったはず。

 そうすると、この「ストローお通し」が始まったのはまだ最近のことなのかな?

 少なくとも、前回ドライブスルーに入ったのは半年くらい前。となると、それ以降に始まったシステムに違いない。

 でもさぁ、これ、いる?ストローくらい自分で通さない?そりゃすぐ飲めるのはいいかもしれんけど、ストロー通すくらいのことはさぁ。ねぇ。

 少し考えて、ふと思いつきました。

 もしかすると、ドライブスルーで商品を受け取って、その場でストローを通そうとする人がいるのかもしれないって。すぐ飲みたいから。それで、ストローを通す間、列の進行が止まっちゃって、客さばきが遅れるっていうデメリットを解消するために始めたんじゃなかろうかと。

 であるならば、客は便利、店も客さばきが遅れないで、Win―Winの関係になれるって寸法。いや、ただの想像だけどね。そうでもなけりゃ、わざわざそんなことするかなぁって話。

 今年50歳を迎えるにあたって、初めて知った言葉「ストローお通し」。

 果たして次にその言葉を聞く時まで、覚えていられるだろうか?

ハンバーガーショップ

ハンバーガーショップ

  • アーティスト:嘉門 達夫
  • 出版社/メーカー: Victor
  • 発売日: 2013/03/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
別冊Lightning Vol.160 ハンバーガー本 (エイムック 3547 別冊Lightning vol. 160)

別冊Lightning Vol.160 ハンバーガー本 (エイムック 3547 別冊Lightning vol. 160)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2016/12/31
  • メディア: ムック
 
POPEYE(ポパイ) 2018年 9月号 [ハンバーガーと一緒に・・・。] [雑誌]

POPEYE(ポパイ) 2018年 9月号 [ハンバーガーと一緒に・・・。] [雑誌]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: Kindle