心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

スポンサードリンク

【二次創作】オーダイバー #4【スプラトゥーン】

 

スプラトゥーン ブキコレクション2 [2.バケットスロッシャー](単品)

 ※前回のあらすじ

 今回は、前回までのストーリーを一旦離れて、ハチロウの過去の物語を展開します。

<:Ξ<:Ξ<:Ξ<:Ξ<:Ξ<:Ξ<:Ξ

 エピソード_35 「祖父」

 薄暗い部屋。小さな工場の建屋のような造り。

 波打つスレートの壁には、いくつものひび割れや、インクの跡が見える。

 明滅するモニターの前で、ぶつぶつと何か独り言をつぶやく、老いたインクリング。分厚いレンズの、いわゆる牛乳瓶底メガネに、長く伸びた白い眉がかかっている。口元を、短いひげが白く覆っている。わざわざ生やしているわけではなく、何日もひげを剃り忘れてしまったような、無造作に生えた無精ひげである。

 老人の後ろにある作業台には、様々なブキの部品や、インクを入れたバケツが雑然と置かれている。中には、組み立て途中のブキもあり、何本もケーブルが伸びて、箱形の機器に接続されている。

 部屋の扉が開き、逆光でシルエットになった人影。小さな子どもだ。

 「じいちゃん」

 子どもが老人に呼びかける。

 「ハチロウか、ここは危ないから来ちゃいかんと言っただろう」

 「おれ、ここ好きだから」

 「仕方ないのう……誰の血を引いたんだか……机の上の物には触るんじゃないぞ」

 「うん」

 老人は、幼いハチロウのほうに目をやることもせず、モニターを見つめながら話している。

 ハチロウもそれに慣れているのか、勝手に部屋に入り、壁際の棚に置いてあるものや、机の上にあるものを嬉しそうに眺めている。

 「じいちゃん、とうちゃんはどこ行ったの」

 「んん?とうちゃんはな、仕事で地上に行ったんじゃ」

 「ちじょう?」

 「ここより明るいところじゃよ」

 「ふーん」

 「おまえも地上に行きたいか?」

 「知らない」

 「しら……そうか、地上がどんなところか知らなきゃ、行きたいかどうかもわからんじゃろうな」

 「うん」

 しばらく沈黙が続く。老人はモニターを見つめ、ハチロウは老人の肩越しにモニターを見ている。

 「あっ!」

 老人が突然、驚きの声を上げる。

 「わっ!」

 その声に驚いたハチロウが、後ろにのけぞった拍子に、机の上にあったバケツに手があたり、インクが派手に飛び散った。

 「すまんすまん、びっくりしたのう」

 老人はようやくモニターから目を離し、椅子から立ち上がって振り向いた。

 「びっくりした」

 ハチロウはさほどびっくりした様子もなく、落ち着いた表情で答えた。

 「インクがこぼれてしもうたか。やれやれ、片づけんとな……」

 机の上で倒れたバケツと、床に広範囲に飛び散ったインクを見ながら、老人は部屋の隅の掃除道具を取りに行こうとした。しかしふと立ち止まり、改めてバケツとインクを見る。

 「ん?……んん?これは……面白い!」

 ハチロウは、老人が何を面白がっているのかわからない様子で、老人の代わりにモップを取りに行く。

 「ひらめいたぞ!ハチロウよ、面白いもんが出来上がりそうじゃ!」

 「なに?」

 「新しいブキのアイデアじゃ。おまえがバケツを倒したおかげでな」

 「ふーん」

 「これは今までのブキの常識を破る、ブレイクスルーじゃ!」

 「へーぇ」

 何もわかっていないハチロウは、適当に返事をしながら、床に広がったインクをモップでふき取っていた。

 老人――――マツカサ・ヒロキは、ハチロウのことなどすっかり忘れてモニターの前に戻り、キーボードを叩き始めた。

Ξ:)Ξ:)Ξ:)Ξ:)Ξ:)Ξ:)Ξ:)

 幼いハチロウと生活していた老人、マツカサ・ヒロキとは一体何者?

 次回未定!

※登場するキャラクター、設定などはスプラトゥーン公式とは無関係です。

 

結局、自転車に乗り出した息子氏

KATO Nゲージ 自転車に乗った若者 24-215 ジオラマ用品

 10日ほど前に、こんな記事を書いた。

www.gokuma.work

 先週末、嫁さんはとうとう息子氏の動画を禁じるという実力行使に及び、動画を観たければ自転車の練習をしろと迫ったらしい。

 しぶしぶ承諾した息子氏が、玄関先でほこりとビニールカバーをかぶった自転車に乗ろうとした矢先、ずっとほったらかしだった自転車の前かごに、カミキリムシの死骸が転がっていた。大の虫嫌いである息子氏はそれを見て「ひぃぃ!」と悲鳴を上げ、そこから自転車に乗せるまで、また一苦労だったという。お疲れ様です。

 去年、自転車の練習には、ペダルを外してキックで進んだりするとバランスの練習に良いという話を聞いて、補助輪と一緒にペダルも外そうとした。ペダル、というか正確にはペダルがついたクランクなのだけど、それを根元から外すには専用の工具が必要らしく、一度あきらめてからそのままになっていた。

 嫁さんには、とりあえず補助輪だけ外しておいてくれと頼まれたので、私は土曜日の朝、補助輪を外してから仕事に出た。で、その日のうちに自転車の練習に出かけたらしい。

 1日目は、足で地面を蹴って進む方式で、自宅から近所の公園まで向かい、そこで練習したのかと思いきや、公園に来ていた同級生の友達と遊びまくり、帰り道でまた少し自転車にまたがっただけだという。

 そして2日目の昨日も公園に行き、そこでどうやら息子氏は何かコツと掴んだらしく、自転車に乗ることが面白くなってきたという。

 3日目の今日、学校が終わってから公園に行き、そこでとうとう普通に自転車に乗れるようになり、公園で同級生と合っても、少し遊んだだけで、自転車のほうに夢中になっていたそうだ。

 ほらな?心配するほどのこっちゃなかったろ?とドヤ顔で言ったら、練習に連れ出すのにどんだけ苦労したと思ってんだこのやろう、と怒られた。何もしてないくせに「ほらな?」じゃねぇんだよと。はいおっしゃる通りですすみません。

 何はともあれ、あの家族会議は何だったのかと思えるほど、あっという間に自転車をマスターした息子氏。今度は交通安全に気を付けるよう、指導していかなくては。そういえば、来月だったか、学校で交通安全教室があるのだった。それをきっかけに、自転車を覚えさせたいという話になったのだ。すっかり忘れてた。

 自転車に乗ることが楽しいのはいいが、事故には本当に気をつけてほしい。今度は加害者になる可能性だってあるのだ。四六時中見張っているわけにもいかない。息子氏の真面目さと用心深さを信用するしかあるまい。心配の種は尽きない。

 

アストロガンガールズ?

astrongirls.jp

 ここ最近、ネットを見ていると、「アストロアンドガールズ」というスマホゲームの広告をよく目にします。

 今はもう慣れましたが、はじめのうちは「アストロガンガールズ」と空目して、「アストロガンガー」が美少女系ゲームとして復活したのかと思いました。

 「アストロガンガー」をご存じない方が、もしかしたら、万が一、いらっしゃるかもしれないので一応念のために説明します。

 「アストロガンガー」とは1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)にかけて放送されていた巨大ロボットアニメで、あの超有名な「マジンガーZ」の2カ月前にスタートした作品です。

 巨大ロボットとはいうものの、生きた金属でできていて、意思を持っているので、厳密にはロボットというよりヒーローです。それが主人公のカンタロー少年と融合して活躍するお話。今で言うと「ユニコーンガンダム」みたいなものです。違う?

 しかし、リアルロボットの最先端であるユニコーンガンダムが、日本の最初期のファンタジーロボットものに近づいているというのは、興味深い現象です。

 それはさておき。

 私自身は、アストロガンガーをリアタイで観ていた記憶がありません。なにせ2歳ですから。ただ、物心ついてから、父親がアストロガンガーの顔をチラシの裏などによく描いてくれたことを覚えています。私から描いてくれとねだったのか、我ながら上手く描けるなと思った父親の自己満足だったのかはわかりません。その点から想像するに、記憶にはなくても、2歳児の私はリアタイで観ていたのでしょう。記憶にあるのは、水木一郎アニキの歌う主題歌のサビだけ。

ガンガー ガンガー アストロガンガー

 さらに、私の実家には、アストロガンガーの絵柄がプリントされた、アルマイトでできた楕円形の弁当箱が、いまだにとってあります。この弁当箱は、小学校低学年頃まで使っていた記憶があります。この弁当箱を見ると、紅白のウインナーと卵焼きが思い出されます。

 Wikipedia情報によれば、この「アストロガンガー」を手掛けたスタッフは、のちに”あの”「チャージマン研」に携わったそうで、様々な類似性が見られるとのこと。確かに絵柄とかチャー研寄りかも。ていうより、チャー研のほうがアストロガンガー寄りと言うべきでしょうか。

 オリジナリティあふれる作品ではあるにもかかわらず、巨大ロボットアニメの系譜において触れられることはなかなかありませんが、マジンガーZをはじめとする巨大ロボットものの効果音(足音、咆哮、ビームなど)は、この作品から始まったということです。

 さらにWikipediaには気になる記述が。

この作品は、企画段階では「少年がヘリコプターのような乗り物で巨大ロボットに合体して操縦する」という設定になっていた。

  マジンガーZですやん!

 しかしこの案は却下され、流行りの変身ヒーロー的な設定に変更されたとのこと。

 巨大ロボットアニメの黎明期を彩りながら、ほとんど顧みられることのない「アストロガンガー」。Amazonプライムで観られるので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。ていうか自分が観たい。

 あと、アストロガンガーが美少女化されたやつも観てみたい。CV:飯塚昭三さんで。

5PRO CARBOTIX アストロガンガー ライブメタルVer. 全高約230mm 塗装済み 可動 フィギュア

5PRO CARBOTIX アストロガンガー ライブメタルVer. 全高約230mm 塗装済み 可動 フィギュア

 

生きる意味を問うことに意味はあるのかと問うてみる

生きる (日本傑作絵本シリーズ)

 ちょっと前に、こんな増田がホッテントリに上がっていました。

はてなーは自分の生きる意味を考えたことある?

「生きる意味を考えたことがあるか」を周りの人間に、しかも傾向が把握できるほど大勢に聞いたってこと?そういうの、人に聞こうなんて考えたこともないな。

2019/05/08 22:15

 生きる意味を考えたことがある人ほど、人の生き方を否定する嫌な奴が多いようだ、という話。あくまで増田個人の意見として。

 私の観測範囲では、はてなーのみなさんはだいたい良い人ですよ。中にはとんでもないのが混じってるかもしれないけど、だいたいは常識人だと思います。いやほんとに。うん……まぁ、実際は知りませんけど。

 生きる意味を考えるというのは、多くの人が通る道ではないでしょうか。生命を維持すること自体に、さほど体力的・精神的コストがかからない現代人ならば、なおさらでしょう。

 生きる意味、存在理由、人生の目的……言い方はどうであれ、多くの人によって、似たような疑問は繰り返されるようです。

 私もご多分に漏れず、若い頃はよく考えました。自分は何のためにこの世に生まれたのか。人はなぜ生きるのか。人生の価値はどこにあるのか。

 繰り返し自分に問いかけてきたこの質問。いまの段階で私に言えることは、おそらく、この質問に対する答えはないだろうということです。

 それは、人が生きるということと、意味を問うという思考の働きは、別の次元にあるからです。記憶の集合体が、思考という処理を持った人間の精神。考えるという行為は記憶を操作する処理だからして、その基盤は過去にあるわけです。

 それに対し、生きるということは記憶に依らず、思考が望むと望まざるとに関わらず、今現在この瞬間に起きている現象なので、思考に扱える次元にはない。

 意味、価値、目的といった「概念」は、「生きている状態」とは無関係な思考の領域にあるもので、どう転んでも交差しないのです。生きている状態は、概念として扱えないのです。

 「生きる」という「概念」は、現に生きている「状態」とは無関係です。思考が「生きる」ことについて考えているあいだ、その考えとは関係なく、生きている「状態」は別個に活動しているからです。

 で、このように説明することも思考の領域にあるので、生きている「状態」について述べることもまた、実際の「生きている」こととは無関係です。

 言葉や概念は、生きている状態を扱えない。説明された状態は、その説明とは別物で無関係。それがわかれば、生きる意味を問うことの無意味さも理解できると思うのですが、これがなかなか難しい。人間は、自分の「認識」を「事実」と混同してしまうからです。ああややこしや。

 ところで全然話は変わりますが、今日はスプラトゥーン2のフェス開催日。明日は仕事なので、今晩しかやる時間がありません。これ以上話が長くなるとプレイ時間を確保できないので、今日はここまでにしときます。

 またいつか、生きる意味を考えることの無意味さについて考えるかもしれません。

生きる

生きる

 

 

ガシャプラダンバインを買ったけど説明書の文字が小さくておっさんの目に優しくない

聖戦士ダンバイン 総音楽集

 少し遅い時間の仕事帰り、フロスピックがもうすぐ無くなるのを思い出して、少し遠回りしてショッピングモールのダイソーに寄りました。

 休日の昼間なんかはアホほど混雑する駐車場も、平日の夜ともなると、余裕で止められます。入り口近くのスペースに余裕で車を駐めて、余裕で歩きます。

 すると、広い入り口の自動ドアの向こうから、巨乳のお姉さんが歩いてくるではないか!めっちゃ巨乳。もしかしたら、爆乳と言ってもいいくらいのボリュウム。そのお姉さんが、ウィーンと開いた自動ドアをくぐって、ボインボインと歩いてくる。いやほんとそんな擬音が聞こえてきそうなレベルでしたわ。

 ヤバい!私はとっさに進路変更し、お姉さんが歩いてくるであろうコースを大きく避け、なるべく入り口の左側に寄った。あんなん間近ですれ違ったら、絶対見てまう!

 本能的に右を向こうとする目と首を意志の力で固定し、真っすぐ前を見ながら、なんとか店内に入ることができました。いや~、危ない危ない。

 さてダイソーは2階にあるのでエスカレーターで上がります。ダイソーへ向かう途中、エスカレーターの脇にあるガシャポンコーナーをチラチラ見ながら歩いていると、気になる商品が。

 「聖戦士ダンバイン

 なんだって!?近寄ってよく見ると、まぎれもなくダンバイン。ガシャプラという小さな組み立てプラモらしい。これは気になる。ラインナップは、主人公ショウ・ザマが乗るダンバイン(水色)、ダンバイン・トカマク用(緑色)、ダンバイン・トッド用(紺色)、そしてOVAに登場するサーバインの4種。う~ん、このラインナップから選ぶなら、サーバインが欲しい。

gashapon.jp

 もしあれば、ビルバインかドラムロが欲しかったんだけど。

 200円か300円かな~と思ったら500円。ごひゃくえん?ごひゃくえんはちょっと高いなぁ。少し考えよう。

 ダイソーで目的の買い物を済ませてから、再びガシャポンコーナーに戻る。悩む。こんな遅い時間に、ガシャポンコーナーの前で真剣に悩むおっさんの図。子連れのお母さんが、いぶかしげな眼差しをチラと向けて通り過ぎる。こんな時間に小さい子を連れ歩くなんて、おまえさんのほうがどうかしてるぜ。

 よし決めた。小銭入れにちょうど100円玉が5枚待機している。やっちまえ!

 カリカリ……カリカリ……ゴロン。出てきたのはダンバイン・トッド用(紺色)。ハズレかよぅ。でも仕方ない。こんな高いガシャポンは1回で十分。当たりが出るまで回すほどの資金力はない。

 カプセルを開けると、パーツを小分けにした袋が2つ。名刺2枚分ほどの大きさの説明書が4つ折りにされて入っています。

f:id:go_kuma:20190510230604j:plain

 カプセルに収納するため、普通のプラモなら1枚のランナーに収まるパーツが、小さなランナーに分けられていて、さらにそのランナーも2枚重ねになっています。これ金型どうなってんの?

f:id:go_kuma:20190510230626j:plain

 と思ったら、2枚のランナーをプラモのように組み合わせてあるだけでした。だけ、と言ってもすごい工夫。こんな2枚重ねのランナーを一括成形する金型ってどういう構造なんだ?と思ったことは忘れよう。

f:id:go_kuma:20190510230642j:plain

 この構造は、組み合わせるパーツが分かりやすい親切設計でもあるね。

 親切設計に頼りながら組み立てよう、と思ったら、説明書の文字が細かい!パーツ番号の文字なんか、粟一粒くらいの大きさ。この喩え、わかります?粟って何年も見てないけど、たぶんこれくらいの大きさだったはず。昔飼ってたインコの餌に粟をあげてた。あの曲がったくちばしで、粟をクリクリクリクリ……って噛むんだよね。

 話が逸れました。

 文字が小さい。メガネを外して近づければ見えるけど、パーツを組み立てるのにメガネが必要。パーツを目から10cm以内に近づけないと、はめ合わせる場所(ホゾって言うの?)が見えないんです。尖った部分もあるパーツを、目の至近距離でいじくるのは少々恐ろしい。

 そうだ!説明書をスキャナーで読み込んで拡大すればいいんじゃね?ということで、我が家の10年選手、ブラザーのMyMioに活躍してもらおう。奇しくも、ダンバインの主題歌を歌っていたのはMIOさん。今はMIQさんに改名してるけどね。頼むぞMyMio

 スキャナーはめったに使わないけど、普通に動いた。300dpiで読み込めば、画面いっぱいに広がる説明書。これでパーツ番号も楽々読めるぞ。

 メガネをしたまま、PCのモニタを見て組み立てを進めます。

 組み立て完了。所要時間は20分ほど。

f:id:go_kuma:20190510230708j:plain

 最初に、足首のパーツがどうしても綺麗にはまらなくて、内側にあった成形バリらしき出っ張りをカッターで処理したら、うまくはまりました。

 今回はちゃちゃっと素組みしただけなので、またヒマがあればきちんと接着&塗装でもしてみようかと思います。たぶん忘れるけど。

ダンバイン とぶ (OP)

ダンバイン とぶ (OP)