心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

人生 ~ありのまま今思ったことを話すぜ~

 これは君の人生だ。

 

 しかし、君はこの人生の所有者でも、支配者でもない。

 君は、君という人間がどのような人生を歩むか、

 日々の出来事をどう感じ、どのような感情を抱くか、

 何を考え、どのように行動するか、

 それを観察するためだけに存在している。

 人生における君の役割はただひとつ、観察することだけだ。

 君がどのような人間であるかを。

 

 ある意味で、君という人間はすでに完成されている。

 同じように、君の人生もまた完成されている。

 ゆえに、何一つ進歩せず、後退もしない。

 君が体験する成長や減退はあくまで見かけ上のものであり、

 完成されたプロセスの通過点に過ぎない。

 ただ、君という視点からは完成されたものが見えないだけだ。

 

 この世界のあらゆるものは変化し続けるが

 それは同時に何ものも変化しないということを意味している。

 変化するものと変化しないものがあるのではなく、

 視点の問題なのだ。

 一切が変化することと、

 一切が変化しないことは、

 同じコインの裏と表のようなものだ。

 物事は、見方ひとつで全く別物のように映る。

 そして君は、一度にひとつの見方しかできない。

 それが、君という構造の宿命なのだ。

 完成されたものが見えないというのは、そういうことだ。

 

 それと同じように、

 君が完全な存在であるということと、

 不完全な存在であるということは、

 君というひとつの存在の裏と表である。

 

 完全だから存在する。

 不完全だから見ることができる。

 

 

 何を言ってるかわからねーと思うが

 俺も何を言ってるのかわからねぇぜ。