心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

運送会社の適当な仕事に困り果てた話

f:id:go_kuma:20180315223313p:plain

 もののはずみで生まれつき、もののはずみで生きてきた、ごくまです。

 仕事上、運送会社を使って荷物を送ることが多いのですが、最近のヤ〇ト運輸の仕様改変により、いろいろと困ることがあります。

 先日、少し大きめの荷物を送ろうと思って、営業所に持ち込みました。以前は、大きなサイズの荷物は宅急便ではなくヤマト便というサービスで送っていましたが、今度の改変により、サイズが2mを超えるものはヤマト便でも受け付けられないと言われました。以前は、長辺が1.8m以内なら送れたのに。明日までに届ける約束をしていて、どうしてもその日のうちに送りたかったので、途方に暮れてしまいました。

 そこで、西〇運輸に電話して、明日までに〇〇県へ届けられるかどうか問い合わせました。届けられるということだったので、近くの営業所に持ち込み、料金を払って荷物を預け、ほっとして帰路に就いたのでした。

 が、その途中で携帯に着信がありました。コンビニの駐車場に止めて番号を確認すると、さっき荷物を預けてきた〇濃運輸の営業所からです。なんだろう。嫌な予感。

 折り返し電話を入れると、さっき対応してくれた営業所の若い衆が、明日は〇〇県行きの便がないので、自分の確認不足で申し訳ないが到着は明後日になるという話。

 ちょ、待てよ!明日までに着くって言っただろうがよ!こちとら会計済ませたんだから、てめぇの責任で車出して届けて来いよ!と言いたかったところをぐっとこらえ、Uターンして西〇運輸の営業所へ。荷物とお金を返してもらって、その駐車場で再び途方に暮れました。

 こうなったらしかたがない……最後の手段、佐〇急便だ!

 そして〇川急便に電話をかけ、明日までに〇〇県に届けられるかどうか、きっちり確認して、営業所へ。料金は、改変前のヤマト便の3倍取られました。痛ててて……利益が飛んでいく……。運送会社の営業所を回るのに何キロ走ったことやら。

 後日、その話を同業の知り合いに話しました。その人も同じようなサイズの荷物を佐〇に頼んだら高かったので「高い!」と文句を言ったら、値引きしてくれたそうです。なにそれ。

 前から思ってたけど、運送会社の仕事っていろいろと雑ですよね。もちろん、真面目できっちりしたドライバーさんもいるのは知ってますけど、全体的には雑。クロネコさんはそこをきっちりしようとしてるのかもしれないけど、それで不便になる利用者もいる……ってことはもちろん承知の上なんだろうな。

 社員の待遇改善と利益の確保ということで、値上げは仕方ないんだろうけど、それを商品価格に転嫁できない利用者にとっては痛いよなぁ。最悪、運賃を理由に断らなきゃいけない仕事が出てくる可能性もある。それも仕方ないっちゃ仕方ないのかな。あーあ、困った困ったこまどり姉妹ですわ。

 ということで、今回はただの愚痴でした。

 ではまた!