心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

息子氏がキズナアイを観ていたので一緒に観ていたら未来が見えた気がしたんだ

f:id:go_kuma:20181027231521p:plain

Futures made of virtual insanity now

Always seem to, be govern'd by this love we have

 最近、何かと話題のバーチャルユーチューバー「キズナアイ」という人?をご存知でしょうか。あれって中の人いるんですよね。声優さんみたいな。あのCGの女の子はどうやって動かしてるんでしょうか。モーションキャプチャー的なもの?技術的なことはよくわかりませんが、自分にもできるなら、おっさんユーチューバーをやってみたいです。

 そもそも私は、キズナアイというキャラクターは若い人向けのコンテンツだと思って、全く見向きもしてなかったんです。ただ最近、NHKノーベル賞の解説に起用したとかでひと悶着あったそうで、名前だけは憶えていたんですよ。

 それでこないだ、息子氏がYouTubeを観ている時に、キズナアイの動画を観ていたんです。たぶん、ヒカキンのゲーム実況から関連動画をたどって、キズナアイにたどり着いたんだと思いますけどね。

 それで、ちょっとどんなんか興味が湧いて、息子氏の後ろから観てたんです。キズナアイの動画を。でっかいリボンつけた3DCGの女の子が、キャラクターの喋りに合わせて細かく動くんですよね。声優さんみたいな可愛らしい声で、ブツブツ言ったりギャーギャー叫んだりしながら、ゲームの実況をしていました。

 ふーん、これがキズナアイか。

 ……思ったより可愛い。静止画より動いてるほうが可愛い。なるほどこれはウケるわ。昔、ニンテンドーDSで遊んだ「ラブプラス」を思い出しました。あれが高精細な萌え絵になったみたいな感じですね。人間でもなく、ただの萌え絵でもない。リアルに動く3D萌え絵。これは確かに萌えるわ。

 これ、いずれアニメやゲームのキャラと、プロの声優さんを使って、企業が参入してくる世界だと思うんですけど、もうやってる会社ありますかね。そうなると、今までユーチューバーがやっていたことをCGキャラに置き換えただけのバーチャルユーチューバーは、あっという間に駆逐されてしまうんではないでしょうか。

 あと、この技術を応用すると、顔を見られず、声も変えて、リアルなコミュニケーションが可能なツールができるわけで、これまた出会い系やSNSアプリに新たな流れができるんでしょう。新しいビジネスの匂いがしますね。私は関われませんけど。

 自分の喋りや動き、表情をリアルタイムに反映するアバターによるコミュニケーション。未来がすぐそこに来ているようです。

 ということで、本日もお粗末さまでした。

Virtual Insanity (Remastered)

Virtual Insanity (Remastered)