心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

広告

【直伝】ブログの読者を増やさない方法【取扱注意】

f:id:go_kuma:20181228221006p:plain

お前を嫁に もらう前に 言っておきたい ことがある

かなり厳しい 話もするが 俺の本音を 聞いておけ

 ブログの読者を増やす方法、という記事を見た。地道はあっても近道はない。継続と積み重ねである。というような話。確かに、頷ける内容だった。

 そこで、1年以上毎日欠かさずブログを更新しているにも関わらず、一向に読者が増えない私が、いかにして読者を増やさずに毎日更新しているか、その奥義をここに明かしたいと思う。

 まず最初に、これは読者を「増やさない」方法であって、「増えない」方法ではない。意図的に「増やさない」のである。「増えない」のとはわけが違う。

 つまり、原則としてブログを毎日、もしくは頻繁に更新していることが前提となる。更新しなければ読者が「増えない」のは当たり前だからだ。

 その前提を踏まえて、読者を増やさないブログの書き方を伝授しよう。

 その一、独善こそ正義

 あなたのブログはあなたのものである。どこのどんな人が読んでいるかわからないのに、読者ウケなど考えても無駄。所詮は赤の他人だ。あきらめたほうが早い。

 その二、面白い記事を書こうとする

 「その一」とは逆に、ウケるネタを考えよう。しかしウケるネタを思いつくのは、プロでも至難の業である。素人のあなたがどれだけ頭をひねってウケそうなことを書いたとしても、スベるのが関の山だ。つまり、面白い記事を書こうとしてどんズベり、一見さんを震え上がらせることも、新規の読者を増やさないテクニックなのである。

 その三、矛盾を恐れない

 最初と最後で言ってることが逆転していても一向に構わない。論理や筋立ては不要だ。ダブルスタンダード?上等じゃないか。人間は多面的な生き物である。矛盾を抱えない人間など、アンドロイドか偽善者に違いない。

 その四、分析しない

 面倒くさいから。

 まとめ

 以上、4つの指針をもって武装すれば、いかに毎日更新しようとも、読者の増加を未然に防げるというものである。個人のブログなど、書きたいことを思いつきで書き捨てていれば、それで十分なのだ。

 そんなブログを、たまたま面白がって読者登録してくれる奇特な人が何人かいれば、それで充分にモチベーションは維持できる。くれぐれも勘違いしないで欲しいのだが、これは読者を「増やさない」技術である。記事の更新は人気ブログ並みに続けなければならない。その上で、読者を増やさないというところがミソなのだ。

 おわかりいただけただろうか。このブログもまた、読者が「増えない」のではなく、意図的に「増やさない」技術を駆使しているのだ。このブログの読者数を見ていただければ、いかにその技術が確かな信頼性を備えているか、異論をはさむ余地はないはずだ。

 ということで、本日はこれにてお粗末。

関白宣言

関白宣言

 
ウケる技術 (新潮文庫)

ウケる技術 (新潮文庫)

 
プロ直伝 笑いの技術

プロ直伝 笑いの技術