心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

広告

平成最後の年末、この冬初めて雪が積もった、今日という日に

f:id:go_kuma:20181229213820p:plain

星はみつめます

ははうえのようにとてもやさしく

 雪が降った。そして少しだけ積もった。

 朝起きて、窓の外を見ると、細かい雪が降っていた。地面は濡れているだけだったが、家や車の屋根にはそこそこ分厚く、10cmちかく雪が積もっていた。

 年末の買い出しに行きたかったが、見ているあいだにどんどん雪が大粒になってきたので、断念した。昼過ぎには晴れるという予報だから、買い出しは午後にしよう。

 大掃除もしたかったが、雪のせいでやる気が失せた。(言い訳)

 午前中は、録画したテレビ番組を観てだらだら過ごした。

 昼頃になり、雪も止んだ。さて買い出しに行こうと思ったが、車にはまだ雪がどっさり残っている。屋根の上、フロントガラス、ボンネット。この雪を降ろさねば、車を出せない。

 エンジンをかけてデフォッガを入れながら、窓の雪を降ろす。箒を持ってきて、雪を掃いていたら、箒の首がボキンと折れた。箒の毛と、それをまとめる部分が全部プラスチックでできたやつだ。外に置いてあるものだから、日光で劣化したのだろう。ボロボロにひび割れていた。

 仕方ないので、もう一本の棕櫚箒を出してきた。これも外用でずっと玄関に置いてあるものだが、それほど劣化していない。毛をまとめる部分は同じようなプラスチックなのだけど、何が違うんだろう。

 とりあえず、フロントガラスとボンネットの雪を降ろした。これだけの量の雪があれば、バスケットボールくらいの雪だるまは作れそうだ。息子氏に声を掛けてみたが、部屋でトムとジェリーを見ていて、それどころではないらしい。

 そのトムとジェリーは、わりと最近の作品らしく、吹き替えはトムが肝付兼太さん、ジェリーは堀絢子さんだった。私が子どもの頃に見ていたトムとジェリーは、初期のハンナ・バーベラ版で、トムが八代駿さん、ジェリーは藤田淑子さんだった。

 その藤田淑子さんの訃報が、今朝の新聞に載っていた。

 ジェリーをはじめ、私が観ていた作品では、一休さん一休さん)、堀口元気(がんばれ元気)、マライヒパタリロ!)、ピア・マルコ(新ビックリマン)、来生泪(キャッツ・アイ)、ドリモグ(ドリモグだぁ!!)あたりが記憶に残っている。

 他にも数多くの有名な作品に出演されていた、昭和を代表するレジェンド声優のひとりだ。平成最後の年末に、還って行かれた。

 私の子ども時代に、多くの笑いと感動をいただき、ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

ハンナ・バーベラ日本語版主題歌集

ハンナ・バーベラ日本語版主題歌集