心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

Ah、オレ買い物行ったスーパー、二度見した衝撃的なパーカー、Yeah!

f:id:go_kuma:20190105214749p:plain

わらの人形 釘をさす

自分の胸が 痛くなる

 先日、年が明けてから初めて、スーパーへ買い物に行った。

 いつもの牛乳、納豆、もずくを買い物かごに入れて、あとは何がいるかなと思いながら商品を物色していると、ふと視界の隅に真っ黒なパーカーが見えた。

 明るい店内で真っ黒なパーカーは目立つ。無意識にそちらへ視線を向けると、左胸に赤で一文字だけ「呪」と書いてある。

 黒地に赤で「呪」である。思わず二度見してしまった。

 それは果たして公衆の面前で着ていいものだろうか。別にいいか。

 パーカーを着用していたのは、30前後のひょろりとしたお兄さんだ。心なしか、顔色も優れないように見える。そりゃそうだ。黒地に赤で「呪」だもんな。顔色も悪くなろうというもの。

 あんな物騒な服を、店頭に並べて売っている店があるとは思えない。しまむらやあかのれんには決して置いてないだろう。いわんやユニクロにおいておや。

 きっとネットショップで買ったに違いない。そう踏んだ私は、帰宅するとさっそくGoogle先生に問い合わせた。

 案の定、CUNEというブランドのパーカーだということがわかった。しかもブランド24周年を記念して作られたものだそうだ。記念なのに「呪」とはこれいかに。そこは「祝」だろう。

store.cune.jp

 スーパーで見かけたお兄さんは怖くて一瞬しか見られなかったが、サイトにある画像を見ると、背中にもでかでかと「呪」の文字があるようだ。そして24周年を祝して鶴と亀。なんでそこだけめでたいのか。あとうさぎ。どうやらこのうさぎが、CUNEというブランドを象徴するキャラクターのようだ。知らんけど。

 服以外にもいろいろあるようだが、特に興味はないのでそっ閉じる。

 ファッションに無頓着な私は、アピタユニクロでしか服を買わない。とにかく地味で無難な服装を選びがちな私としては、あんな恐ろしいデザインのパーカーなど、到底着ようとは思わない。そして普段着のパーカーごときに1万円も出さない。

 ファッションにこだわる人をどうこう言うつもりはないけれど。

 ファッションて怖いなぁ、と思った出来事だった。

 ということで、本日はこれにてお粗末。

呪い

呪い

 
CUNE® 2019 Spring/Summer (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

CUNE® 2019 Spring/Summer (e-MOOK 宝島社ブランドムック)