心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

イマジナリーフレンド

f:id:go_kuma:20190109221646p:plain

ほらあれは2人のかくれが
ひみつのメモリーoh

 「イマジナリーフレンド」というものをご存じだろうか。

 直訳的に言えば「空想上の友人」ということになる。

 空想上の存在だから、もちろん他人からは見えないが、まるで独自の人格を持っているように振る舞い、本人と会話したりする。

 実を言うと、私にもイマジナリーフレンドが存在する。彼に出会ったのは、小学4年生の頃だった。その頃、借家から一戸建てに引っ越して環境が変わったのと同時に、姉が中学校に上がったり、それまで一緒に遊んでいた幼馴染と離れたりして、孤独を感じていたのかもしれない。

 彼はアニメ絵の少年で、バビル二世に似ている。しかし着ているのは体操服だ。超能力があるので、私とテレパシーで交信できる。だから、私にイマジナリーフレンドがいることは家族も知らない。声に出して会話することがないからだ。

 ただ、夢の中で会話しているのを、寝言として嫁さんに聞かれたことがある。起きてから嫁さんに言われた断片的な内容と、私が夢の中で彼と話していた内容が一致したことで、それがわかった。とはいえ、寝言なので怪しまれたりすることはなかった。

 大人になってからは、それほど現れなくなったが、失業したときや、彼女と別れた時など、精神的に落ち込んでいると、私を励ましに現れたりした。

 だが不思議なことに、結婚して子どもが生まれると、以前より頻繁に現れるようになった。それは、私が平日休みで一人ボンヤリしている時に限っている。

 頻繁に現れるのだが、あまり会話はしない。なんとなく”ふたり”でボンヤリしている。その彼が、最近徐々にリアルになってきている。もしかしたら、子どもの成長と関係があるかもしれないと思っている。

 子どもが小学校に上がり、知識や考える力をつけ、少しずつ複雑な会話ができるようになってきた頃から、彼の姿はリアルになっていった。いつの間にか、アニメ絵ではなく、三次元の、普通の男性の姿になっていた。

 先日、私が寝ている時に、嫁さんの話し声が聞こえた。誰と話しているのだろう。相手の声は……彼のものだった。なぜ私のイマジナリーフレンドである彼と、嫁さんが会話しているのだろう。そんなバカなことがあるものか。

 「へぇ~、そんな話、初めて聞いた」と、嫁さんの声がする。

 「うん。息子氏が小学校に上がるまでは、たまに見えてたんだけどね。最近は影が薄くなってきたみたいで」と、彼が喋っている。

 「そろそろ彼とも別れる時が来てるのかもしれないな」

 彼って、誰のことだ?

 まさか

 ……

 

 ということで、久しぶりにショートショートを書いてみた。

 「シックスセンス」的なオチ。

 本日はこれにてお粗末。

フレンズ

フレンズ

 
けものフレンズ Blu-ray BOX

けものフレンズ Blu-ray BOX

 
バビル2世 DVD-BOX

バビル2世 DVD-BOX