心は空気で出来ている

虚ろいゆく 心のままに 駄文を綴る

スポンサードリンク

50年近く生きてきて、初めてコロコロコミックを買った。

 きっかけは、スプラトゥーン2の2月のフェス情報が発表されたことだった。

 今回のフェスはコロコロコミックとのコラボで、テーマは「ボケvs.ツッコミ」。「ボケ」派と「ツッコミ」派に分かれて、フェスマッチを行う。

 仮面ライダージオウの付録を目当てに買った「てれびくん」に、今度のフェスの詳しい情報がコロコロ載っているとのことで、息子氏からせがまれてコロコロを買うことになったのだ。

 コロコロコミック。私が息子氏と同じくらいの年から存在する、小学館の子供向け漫画雑誌である。私が自分で初めて買った漫画雑誌は週刊少年ジャンプだったので、コロコロは子供向けだと思って見下していた。自分だって十分に子供だったのだけど、連載されている漫画がだいたい「ウ〇コ・チ〇コ」していて、なんだかそういう下品なものは好きじゃなかったのだ。

 しかし、友達の家に行くと、部屋に置いてあるコロコロで、ちゃっかり「ドラえもん」などを読んでいた記憶がある。「ゲームセンターあらし」もコロコロに載っていたような気がする。そういえばジャニーズの嵐が解散するらしい。関心はないけど。あと「プラモ狂四郎」も読んでたなーと思ったけど、あれは「コミックボンボン」だった。

 思えば、ずっとジャンプっ子だった私は、生まれてこのかたコロコロを買ったことがなかった。小学生の時から大人になるまでジャンプだったのだから、途中でコロコロに行く理由がない。それが、アラフィフとなった今、まさかのコロコロ初購入である。息子氏に頼まれてではあるけれど。

 さらに、そのコロコロに載っていた情報によると、連載中の漫画「スプラトゥーン」のコミックス7巻を買うと、その帯についているシリアルコードをニンテンドースイッチで入力することにより、限定ギアがもらえるという。てれびくん→コロコロ→スプラトゥーンコミックス、という流れにまんまと乗せられた格好。うまいことできてるなぁ。

 ともあれ、来週のフェスに向けて、夜中にせっせとフェスTのギアパワーを貯めている私なのである。ゲーム自体は、息子氏より私のほうがよほどハマっていると言えよう。

 ということで、本日はこれにてお粗末。

Splatoon (7) (てんとう虫コミックススペシャル)

Splatoon (7) (てんとう虫コミックススペシャル)