心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

スポンサードリンク

百万円束ねる紙のことなんて言うんだっけ

100万円札束 10束 一千万円 ダミー 金融機関共通 文字入り クリスマス プレゼント ギフト ドッキリ 祝い 就職祝い お年玉 お小遣い 卒業祝い 入学祝い 合格祝い リアル 帯封

愛をこめて花束を 大袈裟だけど受け取って

理由なんて訊かないでよね

 そう、帯封!おびふーですわ。

 ずいぶん前、車を現金で買う時に、銀行から降ろした札束についてたなー。

 つい先日、銀行のATMに行ったとき、機械のパネル脇に、ちぎられた帯封が三枚、無造作にくしゃっとなって放置してあった。

 最初はただの紙屑だと思って「こんなとこにゴミ捨てていきやがって」と思ったのだけど、よく見ると帯封。百万円を束ねていたはずの、少し黄色がかった紙。青く小さな文字で、なにやらプリントされている。

 ATMに無造作に捨てられている帯封を見て、ちょっと怖くなった。

 この帯封は、いったいどんな類いのお金を束ねていたのだろう。ここに3枚の帯封が捨てられているということは、三百万円前後のお金が、このATMに吸い込まれていったことになる。

 ここでお金を入れた人は、少なくとも三百万円以上のお金を、現金で手元に持っていたわけだ。それをどこかに振り込んだのか、あるいは自分の口座に入金したのか。

 振り込め詐欺の可能性も考えたが、今は銀行側の対策で、これだけの金額をATMから一度に振り込むことはできないはずだ。となれば、自分の口座に入金した可能性が高い。

 例えば、現金商売の売上金なら、帯封がついていることはないだろう。帯封がついているということは、銀行の窓口で降ろしたお金のはずである。あるいは、帯封がついた状態の現金を、誰かから受け取ったか。いずれにしろ、この無造作な感じと、生々しい現金の匂いは、今どきのスマートなお金の扱い方ではない。

 銀行のATMなんて、これまで幾度となく利用してきたが、帯封があんな無造作に捨てられている様を見たのは、初めてのことだ。

 いったい、どこのどんな人間が、ATMに帯封を捨てていくのだろうか。

 土地成金のおっさんか。

 パチンコ店の経営者か。

 あるいは、真っ当でない商売をしている人間か。

 三百万円の札束など、ついぞ見たことのない貧乏人の私は、ATMに捨てられた帯封を見て、いろいろな妄想を膨らませたのだった。

 というわけで、本日はこれにてお粗末。

愛をこめて花束を

愛をこめて花束を

 
貯金箱 ATMメモリーバンク ATM貯金箱 多機能貯金箱 KK-00447 レッド

貯金箱 ATMメモリーバンク ATM貯金箱 多機能貯金箱 KK-00447 レッド

 
ATM(字幕版)

ATM(字幕版)