心は空気で出来ている

虚ろいゆく 心のままに 駄文を綴る

スポンサードリンク

『UniverseSandbox』のゲーム実況動画にやたらウケる息子氏

 

Universe Sandbox

Cha-la Head-cha-la

頭カラッポのほうが夢詰め込める

Cha-la Head-cha-la

笑顔ウルトラZで

 先日、息子氏がYouTubeで見つけたゲーム実況動画を見て、ケタケタ笑っていたので、何だろうと思って見てみたら、「UniverseSandbox」という宇宙シミュレーションゲームだった。

 SteamというPCゲームのプラットフォームがあって、そこで購入できるゲームだ。

 太陽系をはじめとする、さまざまな恒星、惑星、衛星を、自分の好きなように配置したり、星のステータスを変更して動きを変えたり、神の視点で宇宙を自由自在にいじくりまわせる。

 動画では、太陽に太陽をぶつけて超新星爆発を起こしたり、地球を太陽に向かって大量に発射したり、地球同士を衝突させたり、といった遊びをしていた。グラフィックが綺麗で、そこそこリアルに見える。それが、息子氏にとっては面白いものらしく、太陽や地球が爆発する様子がやたらウケている。

 私には、その動画でやっていることがそれほど面白いとは思えず、地球を太陽に飲み込ませるとか、地球同士をぶつけたりとか、見ていてあまり気分の良いものではない。ゲームの中とはいえ、どうしても地球に感情移入するというか、地球という生命の星を無造作に破壊する行為に、抵抗を感じるのだ。

 息子氏にはそんな概念はないので、ゲームの中の地球はあくまで単なるオブジェクトでしかなく、破壊しようが燃え尽きようが、ただの遊びの域を出ない。

 こちらが面白くないからといって、彼の楽しみに水を差すようなことを言うのもどうかと思って、何も言わずに見ている。ここで、「地球はみんなが住んでる大切な星なんだよ」とかなんとか、道徳的なことを言うのも、それはそれでバカげている気がするのだ。

 願わくば、息子氏にはもっと自然と触れ合い、鳥や虫、空や花を見て、「地球の息吹」的なものとか、「命の輝き」的なものを体感して欲しいのだが、彼は大の虫嫌いで、虫以外の生きものもだいたい苦手だ。唯一、好意を示すのは猫だけである。

 生きもの全般が苦手でも、猫が好きなら仕方ないか、と思う。猫は神様みたいなもんだからな。

 ともあれ、息子氏の無邪気な破壊神ぶりは、しばらく止まらなさそうな雰囲気である。

 本日はこれにてお粗末。

BASTARD!! -暗黒の破壊神- アーシェス・ネイ (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

BASTARD!! -暗黒の破壊神- アーシェス・ネイ (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)