心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

スポンサードリンク

だるまさんじゃないのに転んだ

f:id:go_kuma:20190301221952p:plain

この世は 眠れぬ夜と死体、多忙、貧乏、退屈から

いかにして逃げ遂せるかの だるまさん転んだの 逆再生

 だーるまさん、だーるまさん、にらめっこしましょ、笑うと負けよ、あっぷっぷ。

 おっと、これは転ばないほうのだるまさんだった。

 実は今日、職場で転んだ。

 階段を降りていて、一番下の段を踏み外したのか、もう一段あると思って足を踏み出してバランスを崩したのか、一瞬の出来事だったので記憶にない。もしかしたら、最後に踏み出した足の膝がガクンとなって、崩れ落ちるように転んだのかもしれない。もしそうだったら脚力がヤバい。

 気がついたらもう転んでいて、右手のひらと、左ひざを床にぶつけていた。

 あっと思った時にはすでに転んでいたが、とっさに受け身を取って転がったので、ダメージは最小限で済んだ。たぶん。

 いや、受け身を取ったというのは嘘かもしれない。完全に転んでしまってから、あークソ痛ってぇ!と思ってゴロゴロしただけかもしれない。

 幸い、誰にも見られていなかった。しかし、そこで大けがして身動き取れなくなっていたら、誰にも見られていないことが、かえって致命的だったかもしれない。

 鉄板の床だったから、派手な音がしたが、コンクリートより弾力があるので、逆に助かったかもしれない。

 いろいろな「かもしれない」の連続。

 転び初めてから床に手をつくまでの瞬間の記憶がないので、全ては想像でしかない。

 こんな風に、最後まで完全に転んだのは、一体何十年ぶりだろう。もしかしたら、子どもの頃以来じゃなかろうか。それくらい派手に、無様に、身も蓋もなく、転んだ。

 膝と手のひらの痛みはすでにないが、こういう時怖いのは、普段使わない筋肉に、瞬間的にすごい力が入ったり、どこかの筋に強い負荷がかかったりして、後から痛みが出てくることだ。

 来年で50歳を迎える。すでに「自分はまだまだ若いんだぞ」と思う気力も失っている。体は確実に老化の一途を辿っている。あとはいかにそれを遅らせることができるか、というところに気を遣うしかない。

 下手に無理をして、体のどこかを痛めたりしたら、回復に時間がかかるし、完全には回復しないかもしれない。むしろ、若いころに痛めた部位が、筋力の衰えと共に悪化することだってある。

 かといって、あまり体を甘やかせば太る。そして衰える。体に無理をかけないことと、体を甘やかさないことのバランスを考えなきゃいけない。めんどくさ。

 年は取りたくないもんじゃのう。

 本日はこれにてお粗末。

DARMA GRAND PRIX

DARMA GRAND PRIX

 
限定版だるまさん3冊ギフトボックス

限定版だるまさん3冊ギフトボックス

 
だるまちゃんとてんぐちゃん

だるまちゃんとてんぐちゃん