心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

スポンサードリンク

【映画鑑賞記】『イベント・ホライゾン』異次元の闇にあるものとは【ネタバレるぜ!】

イベント・ホライゾン (字幕版)

「Horizon Horizon

こらえずWe must go on!」

 最近、映画の感想記事が多いのは、腰を痛めて休日におとなしくしてるからなんだよね。

 CSで放送されてた映画『イベント・ホライゾン』を録画して観た。1997年のアメリカ映画で、『タイタニック』と同じ年らしい。意外と古いな。10年かそこら前の映画かと思った。ローレンス・フィッシュバーンが出てるけど、まだ『マトリックス』に出る前なんだな。

 舞台は西暦2047年。わりと近未来だね。海王星付近に、7年前に深宇宙探査に出て行方不明になったはずの宇宙船イベント・ホライゾン号が突如として現れるところから物語は始まる。

 政府の要請を受けて、アメリカ空軍だか宇宙軍だかの荒くれ者チームが、イベント・ホライゾン号の調査に乗り出すことに。そのチームに、政府から派遣された博士が同行する。イベント・ホライゾン号の中核になる、超光速ドライブ装置「コア」を開発した人なんだって。こういう話あるあるで、外部の人間である博士は、荒くれ者チームから嫌われてる。

 人工冬眠的な状態で海王星まで飛んだ調査チームは、イベント・ホライゾン号に乗り込んで調査を始めると、いきなり凍結状態の死体の山。調査の途中で、なぜかコアが起動して、その近くにいた若手の軍人がコアに吸い込まれそうになって、かろうじて引き戻されるんだけど気絶しちゃう。一旦は意識が戻ったものの、コアに半分吸い込まれた時に見た「闇」におびえて、自殺しそうになる。おまけにコアの起動で乗ってきた船が壊れちゃう。

 仕方ないからイベント・ホライゾン号に全員で移動すると、今度は調査員のみんなが幻覚を見始める始末。船長は事故で亡くした部下だったり、女性船員は地球に置いてきた難病の息子だったり、博士は娘だったかな?とにかく、心に深く根差した存在がみんなの心を蝕み始めるわけ。何かこの船怪しいなー怖いなーと思って、航行記録のビデオを見ると、超光速ドライブの影響で乗組員がみんな頭おかしくなって、全員で殺しあってたことがわかるんだよね。

 イベント・ホライゾン号に得体の知れないエイリアンか何かが棲みついてる、みたいな話なのかと思うと、そういうわけでもないんだよね。なんかもう、船自体が意志を持って、邪悪な存在になったらしいんだな。超光速ドライブで異次元に行ってきた影響でさ。異次元の向こうに地獄のような闇の世界があるとかなんとかいうわけ。

 とにかく地球に戻らなきゃってことで、乗ってきた船を直して、イベント・ホライゾン号はヤベェから爆破することになるんだ。でも、その頃には博士がコアの闇にとりつかれて、自分で目をくりぬいて顔中傷だらけにして、また異次元に行くんだ!って乗組員を殺し始めるわけ。「これから行く闇の世界に目など必要ないのだ!」とかなんとか言っちゃって。

 船長が自らの命を投げうって、イベント・ホライゾン号を爆破して、コア部分は異次元に飛び、生き残った乗員を乗せたポッドはかろうじて助かる。また人工冬眠に入って救難信号を出しながら、地球を目指すポッド。あーよかった助かった。

 しばらくして、目覚めた乗組員は救助隊に助けられるんだけど、乗組員の一人が、救助隊の人の顔が、博士のあの傷だらけの顔になってるのを見て錯乱状態に。それが幻覚なのか、それとも……という余韻を残して話は終わる。「いやぁぁぁ」とか悲鳴を上げながら、ドアがプシュ~っと閉まって暗転するラストシーンは、どっちにも解釈できるから、なんだか釈然としない終わり方だね。

 人が作り出した技術が、異次元の扉を開けて、その向こうからとんでもないものが……というのはよくある話で、ゲームタイトルの『DOOM』とか、映画だと『MYST』なんかを思い出すね。この映画は、アメリカのSFホラーにしては珍しく、敵の正体がはっきりつかめないまま、とにかくなんだか邪悪なものが人を襲う、という話。「とんでもないもの」の姿が見えないのは珍しいよね。

 B級感は否めないけど、ちゃんとしたスタッフで、お金をかけて作られた映画ではあるので、好きな人は好きなんじゃないかと思うよ。

 というわけで、今日はここまで。お疲れさまでした!

Doom(R) - Switch

Doom(R) - Switch

 
ミスト (字幕版)

ミスト (字幕版)