心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

スポンサードリンク

サイクリングサイクリングヤッホーヤッホー

GRAPHIS(グラフィス) 子供用自転車 クロスバイク 22インチ 6段変速 スキュワー式 ジュニアサイクル キッズサイクル GR-001KIDS22 ホワイト/ブルー

 息子氏が、ちょっと自転車に乗れるようになったと思って、調子に乗って毎日のように自転車に乗りたがる。

 しかし、いつ飽きてしまうかわからないので、乗りたい気分のうちになるべく自転車をマスターしてもらおうと、できる限り息子氏の自転車に付き合うことにしている。

 今日は家族そろって休日だったので、河川敷のサイクリングロードへ出かけた。一宮市の北部の木曽川河畔にある、木曾三川公園のひとつ、「138タワーパーク」でレンタサイクルを借りて、のんびりサイクリングを楽しんだ。

 天気は曇り。時折太陽が顔をのぞかせる程度で、そこそこ強めの風が吹き、暑くもなく寒くもない、ちょうどいい気候だった。

 河川敷には、公園として整備されているエリアとは別に、ほぼ手つかずの原生林の中を通るルートもあり、なかなかに野趣あふれるサイクリングである。

 写真は、各務原市の「かさだ広場」から入れるコースで、道が複雑に絡み合った迷路のようなサイクリングコース。舗装した時期がまちまちなのか、舗装の色が赤だったりベージュだったり黒だったり。適当に走っていると本当に迷いそう。

f:id:go_kuma:20190518212235j:plain

f:id:go_kuma:20190518212238j:plain

f:id:go_kuma:20190518212241j:plain

f:id:go_kuma:20190518212244j:plain

f:id:go_kuma:20190518212246j:plain

 堤防コースを走っていると、そこかしこからウグイスの鳴き声が聞こえる。竹藪の中を通るコースでは、密生した竹が、風にあおられて互いにぶつかり合い、カラカラいう音がする。河のすぐそばを走るコースでは、せせらぎの音が聞こえてきた。

 新緑の濃い香りが、風に乗って流れてくる。落ち葉を踏みながら走っていると、何かの樹の種をつけた綿毛が飛んできたり、羽虫が顔に当たったり。久しぶりに、自然の空気を満喫した。

 後半は、空全体が曇ってきて、風も強くなったので、雨が降るかと心配したが、最後まで雨には降られず、無事にスタート地点まで帰ることができた。

 あまりの気持ちよさに、調子に乗って走っていたら、脚に疲労がたまったようで、自転車を降りて歩いたら膝がガクガクした。息子氏も、思う存分長距離サイクリングができて、満足したようだ。

 脚は疲れたが、息子氏は満足し、私もストレス発散になって、久々に有意義な一日だった。明日はたぶん筋肉痛。仕事に影響しなければいいが。今夜はぐっすり眠れそうだ。

青春サイクリング

青春サイクリング