心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

広告

ジャガイモを使ったメニューで苦手なものといえば

北海道産 北あかり(ゴールデンポテト) 新じゃがいも Mサイズ 10kg

 嫁さんが、実家から大量のジャガイモをもらってきました。

 それを茹でて潰してポテトサラダを作ったりして、ガンガン消費しています。

 すべてのジャガイモをポテサラにするわけにもいかないので、カレーにしたり、ポテサラにしたり、カレーにしたり、ポテサラにしたり……レパートリーが少ない。

 そこで私がジャーマンポテトを作りました。ジャガイモ、ベーコン、塩コショウに粉パセリ。簡単至極。

 それをおかずに晩御飯を食べていたのですが、白飯に合わないですね。

 以前から、ジャガイモと白飯の相性は良くないと、個人的に思っていました。

 実家にいるころ、お袋がたまにジャガイモとワカメの味噌汁を作ってくれましたが、正直なところ、苦手でした。

 いや、味噌汁単品ならいいんですが、それをおかずにご飯を食べるのが苦手で。

 何が合わないって、ジャガイモのもっさり感と、ご飯の粒々が混じった食感です。ひとえに食感が許せない。

 以前、ここで書いたような気がしますが、納豆とご飯もダメです。納豆のヌルヌルネバネバが、ご飯の粒々を噛み砕きにくくするからです。

 基本的に、食べ物の好き嫌いはないんですが、食感の好き嫌いというのはありますね。

 それを考えると、ジャガイモで苦手なメニューはありませんが、ご飯と合わせるとダメなメニューがあることに気づきました。

 カレー、肉じゃが、ポテサラはセーフ。
 ジャーマンポテトと味噌汁はアウト。
 どの辺で線引きがされているかといえば、やはり食感です。ジャガイモのもっさり感が残っているものは、白飯と合いません。
 カレーや肉じゃが、ポテサラは、ジャガイモが原型をとどめていないか、食感がかなり柔らかくなっています。なので、ジャガイモ感が残っているようなカレーや肉じゃがはアウトということになります。
 ポテサラは、ジャガイモがほぼ潰れているし、マヨネーズ味なので、白飯との相性がいいと思います。子どもの頃は、おやつ代わりによくマヨネーズご飯を食べていたので、マヨネーズ+白飯の組み合わせは間違いありません。さすがに今はストレートなマヨネーズご飯はやりませんけど。
 他に、美味しくジャガイモを消費できるメニューはないかと考えていたら、ジャガイモ団子を思い出しました。ジャガイモと白玉粉または片栗粉を混ぜるやつです。作ったことはありませんが、あれは美味い。ただし、太りやすい。
 ただ、これから夏なので、よほど食べ過ぎなければ太ることはないでしょう。よし、次はジャガイモ団子に挑戦だ。