心は空気で出来ている

虚ろいゆく心のままに

スポンサードリンク

【アニメ鑑賞記】『ダンベル何キロ持てる?』第1話

【Amazon.co.jp限定】ダンベル何キロ持てる? Vol.1 (早期予約特典: アニメ特製プロテインシェイカー付) (全巻購入特典: アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX) [Blu-ray]

 今期スタートの新アニメ、『ダンベル何キロ持てる?』を観ました。

 女子高生が絡むコメディものはまず観ないのですが、「筋トレ」が主題となっている作品ということで、自身の筋トレモチベーションに貢献するかと思い、観てみることにしました。

 主人公は、金髪色黒の女子高生が、食べ過ぎによる肥満を解消するべく、ひょんな手違いで筋トレをすることになる、というストーリー。キャッチコピーは「見るプロテイン!JK筋トレコメディー!!」です。

 主人公は、どこにでもいそうな普通のぐうたらな女子高生・紗倉ひびき。開始早々から、商店街を歩きながらいろいろなおやつを食べまくります。そして、そのおやつのカロリーがいちいち表示されます。

 一緒に歩いていた友人から、太ったことを指摘されたひびきは、ダイエットを考え始めます。そこでナレーションが入るのですが、担当は玄田哲章さん。ここ、笑うとこです。玄田哲章さんと言えば、アーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えでおなじみ。アーノルド・シュワルツェネッガーと言えば、筋肉でおなじみ。ボディビルの元世界チャンプですからね。

 さらに、この番組製作に協力しているゴールドジムは、シュワルツェネッガーの主演映画『パンピング・アイアン』の舞台として有名になり、ボディビルを世界に広めたと言われています。日本にもたくさん支店があるので、街中で看板やロゴを見た方もいるのではないでしょうか。主人公・ひびきが通うことになる「シルバーマンジム」は、このゴールドジムが元ネタです。

 楽しくコメディ要素を盛り込みながら、筋トレの練習場面では、きっちり本格的な解説が入るという、なかなかのガチっぷり。筋トレを始めたいという方にとっては、実際に参考になる内容になっています。

 一緒に筋トレすることになった、同級生の奏流院 朱美(そうりゅういん あけみ)は、資産家の娘で優等生の筋肉フェチ。筋トレするときはなぜか喘ぎ声が出てしまうという、サービス精神も持ち合わせています。サービス精神?

 シルバーマンジムのトレーナー・街雄 鳴造(まちお なるぞう……マッチョになるぞ?)は、顔こそ爽やかなスマートイケメンですが、首から下はゴリゴリのマッチョマン。ケンシロウのように、筋肉の膨張でジャージを破ってしまう好青年です。

 主人公はいたって普通で、周りのキャラが異常に濃いという、コメディマンガの定番キャラ配置です。まだ第1話ということで、キャラが出揃っていませんが、これから面白くなりそうな予感がします。とりあえず、私の中で今期アニメとしてはキープ作品に分類されました。

 夏に向けて体を絞るために(少々手遅れ?)、このアニメを観て楽しく筋トレに励もうと思います。

ウケる筋トレ

ウケる筋トレ