心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

広告

赤飯おこわの広告の中に潜んでいた、得体の知れない怪物。

 ことの発端は、今朝の新聞の1面を読んでいる時でした。

 朝食を摂りながら、1面だけは全ての記事に目を通すのが習慣で、今朝の1面には、太平洋戦争と福島原発事故を経験して大変な思いをしたおばあさんの記事や、火傷の事故をうけて名古屋市内の小中学校でトーチトワリングが中止された記事などが載っていました。

 下のほうにあるコラムを読んでいると、ふと視界の左隅に、なにやら怖そうなイラストが映り込みました。

 あれっ?と思って、そちらに視線を移しましたが、別に怖そうな絵はありません。ただ、イチビキの「赤飯おこわ」の広告が載っているだけでした。気のせいか。

f:id:go_kuma:20190817225526j:plain

 そしてまたコラムを読んでいたのですが、ふたたび視界の隅に怖い絵が入ってきました。えっ?

 またそちらを見ても、やはり「赤飯おこわ」の広告があるだけです。おかしいなぁ。何か化け物っぽい絵がこのあたりに見えたと思ったのに……。

f:id:go_kuma:20190817225620j:plain

 ……ん?これは……?

f:id:go_kuma:20190817225643p:plain

 で、出た~!ひとつ目でキバが生えてて脳ミソ見えてる奴~!

f:id:go_kuma:20190817225711p:plain

 ……という、目の錯覚の話でした。

 おしまい。

イチビキ らくらく炊きたて 赤飯おこわ 393g×2個