心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

広告

秋の気配が輪郭を帯びて

さよなら夏の日

 今日は仕事が休みでした。

 午前中は録画したテレビ番組を消化しました。

 『ダークサイドミステリー「緊急報告!“死の山”ディアトロフ峠事件」』、『ダンベル何キロ持てる?』、『PSYCO-PASS』、『仮面ライダーゼロワン』など。

 コーヒーをすすりながら、ダラダラと過ごす休日。

 気がつけば、もう昼時。しかし食べるものがありません。牛乳も切れそうなことだし、買い出しついでに昼飯も調達しようと、外出の準備を始めました。

 顔を洗い、ひげを剃り、頭髪の量を気にしながら櫛を入れ、歯を磨きます。

 Tシャツに短パンという、布団から出たままの恰好から着替え、車のキーを取ろうとした時、ふいに外の空気が……というよりは、外の気配が部屋の中まで浸透しているのに気がつきました。

 あるいは、部屋の中ではなく、私の意識に浸透していたのかもしれません。

 部屋の中から見えるのは、カーテンを通る空の光のみ。

 しかし、私の意識に入ってきたのは、単に目で見える光だけではなく、部屋の外の空気が持つ気配、匂いでも温度でもない感覚でした。

 秋が来たんだな、と感じました。台風が過ぎて以来、真夏より暑いのではないかと思うほどの残暑が続きましたが、今日になって突然、秋がやって来ました。あるいは、うっすらと漂っていた秋の気配が、急にその輪郭をはっきりと表してきたような。

 外に出ると、日差しはまだまだ暑いものの、風には涼しさがあり、空気に熱がこもっている感じがしません。

 こんな時に聴きたくなるのは、陽水か、達郎か、それともサザンか。

 それよりも、静かに浸透してくるこの秋の気配に、耳を傾けたほうがいいような気もします。

夏の終りのハーモニー

夏の終りのハーモニー

 
夏をあきらめて

夏をあきらめて

 
さざんかの宿

さざんかの宿