心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

ピンクのワゴンは何の車?

 先日、車を運転している時に、前を走っているワゴン車が気になりました。

 結構強めのピンク色で、リアウインドウにはスモークが入っていて、オシャレな書体で英語じゃない言語が書かれていました。3つの単語でスラスラリと何やら書いてあります。

 ローマ字なので文字単位では読めますが、どう発音するのかはわかりません。後で調べようと思って懸命に覚えましたが、2時間後には完全に忘れてました。

 何の商売をしている車だろう?そんなことを思いながら、しばらく後ろを走っていましたが、ふっと、あらぬ妄想が頭を過ります。

 これだけ強めのピンク一色で塗りたくられているなら、もしかして夜の商売ではないか、と思ったり。パブとかキャバクラとか、そういうお店の宣伝カーみたいな。今まで見たことありませんけど。

 あるいはまさか、マジックミラー的な何か?そういう系の車だったりとか?いやしかし、こんな田舎の道をマジックミラーのアレが走ったりするものだろうか。あるいは街から街へ移動の途中で出くわした可能性もありや?

 だとすると、あの強(つよ)ピンクの車両の中には、どんな機材が?どんなスタッフが?そしてどんな女の子が……!?

 などと妄想を膨らましていると、信号でそのワゴン車が左折しました。これで横から車を見ることができます。果たしてサイドウィンドウは鏡面仕上げなのか!?

 車の屋根の側面に看板がついているのが見えました。

 看板に書いてあったのは

 「クレープ屋さん」

 の文字。……そうでしたか。

 クレープの移動販売の車でした。

 失礼な妄想をしてすみませんでした。