心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

【映画鑑賞記】『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』【ネタバラすよ】

kamenrider-winter.com

 観てきました。毎度のことですが、ざっくり感想というか気づいたことを。

 ガンガンネタバレしますのでご注意ください。

 さて冒頭、悪夢から覚めて異なる世界線に迷い込んだ飛電或人は、周りがヒューマギアだらけなことに気づきます。そして学校で学ぶ児童や先生までもがヒューマギア。教室で子どもヒューマギアを相手に授業をしている教師ヒューマギアの俳優さん、どっかで見たことあるなぁ……と思ったら、トッキュウ6号でした。

 2014年のスーパー戦隊『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場する追加戦士です。息子氏がスーパー戦隊にハマった最初の作品で、息子氏が特撮おもちゃ沼に入り込むきっかけとなる作品でした。ただ、息子氏がスーパー戦隊にハマったのはこのトッキュウジャーが最初で最後。この後仮面ライダーゴーストに移行し、今に至るというわけです。

 歴史が変わり、すでにヒューマギアが人類を滅亡に追い込んでいる世界。歴史が変わっている?となればどうせヤツが絡んでくるに違いありません。そう、仮面ライダージオウです。

 最終回で平和な世界を作り上げ、普通の高校生として生活する常盤ソウゴやゲイツツクヨミたちの元に、再びウォズが現れ、彼らの記憶を呼び覚まします。そして、それぞれの作品ごとに分かれているはずの仮面ライダーの世界が、再びひとつに融合しようとしているらしい、と語ります。またその話ぶり返す?

 そして、生駒里奈演じる、いかにも悪そうなタイムジャッカーが現れ、仮面ライダーはもともと悪の存在だ!と言って、ジオウから奪った仮面ライダーの力を悪用して世界を混乱に陥れようとしますが、ゼロワンとジオウたちに阻止されます。タイムジャッカーって何なんでしょうね。生駒ちゃんは個人的に活動しているようでしたけど、背後に何かあるんでしょうか。

 さて、或人のお父さんであるヒューマギアの其雄(それお)が、改変された過去で仮面ライダー1型(イチガタ)に変身するのですが、デザインが仮面ライダー1号っぽくてかっちょいいです。クロックアップしたみたいに動きが速い。

 改変された歴史を戻すには、過去に戻って改変のきっかけとなった出来事を防ぐしかない!というわけで或人とソウゴたちは2007年にタイムリープします。

 2007年?ということはまさか再び電王が……?と思ったけど、さすがにもう出てきませんでした。ここでまた電王が出てきたら、1時間半の尺に話が収まりませんわな。

 あと最後に、ザイアの社長が変身したのであろう仮面ライダーがちらっと登場して話は終わりました。明日からのテレビシリーズに登場するんでしょう。

 そういったわけで、ゼロワンは昭和~平成に続く仮面ライダーの歴史を受け継ぐ存在ではなく、新しい時代の新しい仮面ライダーなのだよ!というメッセージが込められていたような気がする本作品。或人の「仮面ライダーに原点も頂点もない!」という台詞に、その思いが表現されているのではないでしょうか。いや頂点はともかく原点はあるでしょ、と思ったけど。

 映画を観終わって、『仮面ライダーゼロワン』は、後世でどのように評価されるんだろうか、なんてことを思いました。

 こちらからは以上です。

REAL×EYEZ

REAL×EYEZ

  • 発売日: 2019/09/01
  • メディア: MP3 ダウンロード