心は空気で出来ている

その場の空気で書く日記

【アニメ鑑賞記】「BNA ビー・エヌ・エー」第6話まで【イラつく主人公】

bna-anime.com

 「キル・ラ・キル」ファンとしては、TRIGGERのオリジナル新作アニメときたら観ないわけにはいきません。といっても、以前のTRIGGER作品を全部チェックしていたわけではないのですが。

 ざっくりと作品の概要を説明すると、獣人が存在する世界で、人間に迫害されがちな獣人が、巨大製薬会社の支援のもと作り上げた「アニマシティ」で起こる様々な事件を通して、人間からなぜか獣人になってしまった主人公の女の子がいろいろする話です。

 物語は、人間から突如タヌキ獣人になった主人公・影森みちるが、人間の街からアニマシティに移り住むところから始まります。獣人狩りを楽しむ人間たちの追手から逃れ、ミンク獣人の助けを借りてアニマシティに渡ったみちる。

 自分の想像と異なるアニマシティの獣人社会に戸惑いながら、徐々に馴染んでいくみちる。しかし、図らずも彼女の世話役となったオオカミ獣人・大神の助言を無視して突っ走りまくる彼女の言動に、私は毎回イライラしていました。

 世間知らずの女子高生、ということでは片づけられない無鉄砲ぶり。その独善的な言動で周囲の獣人(おもに大神)を振り回し、どれだけ迷惑をかけても自分が正しいと信じて疑わない姿勢。こんなにイラつく主人公も珍しいと思うくらいです。

 はたして原作の中島かずきは、このイラつく主人公を通して何が言いたいのか。こんな無茶苦茶な奴を、若さと純粋さだけで肯定するつもりか。それともこんな風に考えるのは自分が大人になってしまったからなのか。などと考えさせられました。

 そして第6話。みちるの親友で、彼女もまた人間から獣人となって、謎の組織にさらわれていたキツネ獣人・日渡なずなが現れます。すべての獣人が神と崇める伝説の存在・銀狼を崇拝する宗教「銀狼教」の教祖となって。

 自分と同じ「不運」に見舞われているなずなを、みちるは教団から救い出し、人間に戻る道を探そうと考えます。しかしなずなは、すでに大人の世界に足を踏み入れていて、アイドルになるという自分の夢のために、周りの大人たちを利用すると宣言して憚りません。そして、みちるの無鉄砲さや独善をズバズバと指摘するのです。

 案の定、なずなの指摘に対して「お前なんか友達じゃねぇ!」とブチ切れるみちるです。思い込みが激しく、相手の迷惑も顧みずに善意を押し付けるみちるの厚かましさに鬱憤を溜めていた私は、ここでだいぶスッキリしました。

 みちるに対するなずなの指摘こそは、私がずっと抱いてきたモヤモヤをはっきり表現したものであり、彼女の台詞に「やっぱそうだよな!こいつイラつくよな!」と共感することしきりの私です。

 こんな青臭いだけの主人公を、そのまま肯定して放っておいていいはずがないんです。それを、物語の中盤できっちりへし折ってくるあたり、さすがは中島かずきと唸らざるを得ません。良き良き。

 さぁここからが本番。いろいろと懸案の謎もあり、それらが明かされていく過程で、みちるの成長が見られるのかどうか。ラストまでに彼女が大人になることはないでしょうが、大人への一歩を踏み出すくらいで結末を迎えるのだろう、などと予想していますが果たして。

 みちるの無鉄砲をそのままにしておく世界ではない、ということがわかり、この先の展開を安心して見守ることができそうです。楽しみになってきました。

  ちなみに、OP曲「Ready to」のノリの良さ、ED曲「NIGHT RUNNING」のオシャレ感ともに、音楽も魅力的な作品です。さっそくポチってiPhoneでヘビロテしております。

TVアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』OPテーマ「Ready to」

TVアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』OPテーマ「Ready to」

  • 発売日: 2020/03/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
TVアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』EDテーマ「NIGHT RUNNING」

TVアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』EDテーマ「NIGHT RUNNING」

  • 発売日: 2020/03/21
  • メディア: MP3 ダウンロード